ケノンを使用して副作用のリスクはある?

ケノンは副作用のリスクはあるのでしょうか。
ケノンは光脱毛器ですがこのような美容機器に気になることといえば、やはり副作用です。
お肌に悪影響がないか気になると思います。

副作用というと少し大げさかもしれませんが、お肌に安全だといわれている商品でもお肌に負担をかけてしまうということはあります。
ケノンも例外ではなく、やはり正しく使用した方が良いです。
ケノンによる副作用、悪影響について考えてみましょう。

ケノンによる副作用や悪影響は?

ケノンは女性のムダ毛、男性のムダ毛の処理において高い効果を発揮してくれます。
本体の値段は高額ですが、エステサロンに何度も通うということをかんがえるとコストパフォーマンスは高いのです。

ケノンは出力も高く効果も実感しやすいですが、副作用の不安を抱えている人もいます。
ケノンの場合フラッシュ脱毛に非常に近いですので、レーザー脱毛ほどの強い痛みを感じることはありません。

しかし、最大出力で照射した時や同じ部位に何度も何度も照射してしまうと痛みを感じることがりますし、火傷などをしてしまうこともあります。

また、施術後に紫外線ケアなどをしっかり行うようにしてください。
紫外線ケアが十分でなければ、シミができやすくなることもあります。

ケノンの副作用を抑えるには

人気のケノンの副作用を抑制するためにはどのような対策が必要なのでしょうか。
ケノンの副作用としては、軽いやけどや炎症、シミができるといったものです。
どちらにしても使用方法をしっかりとまもって、対策することが重要です。

まず、痛みや火傷などは出力を上げすぎてしまったり、同じ部分に照射し続けることで引き起こされています。
そのため、本格的に使用を始める前にパッチテストを行って、自分のお肌がどのくらいまで耐えられるのかを確認しておきましょう。

さらに、基本的に一箇所に何度も照射するのではなく、1度照射するだけにしてください

同じ部位には最低1週間は間隔をあけて照射してください。
そうすることで、お肌トラブルを未然に防ぐことができます。
そして照射後は必ずクールダウンするようにしてください。
そうすることで火傷の症状を抑えることに繋がります。

施術が終わった後も、そのまま放置しているのではなく、ダメージを受けたお肌が乾燥したり、シミなどができないように乳液や美容液を使用して十分に保湿してください。

コメント