家庭用レーザー脱毛器の永久脱毛効果

日本で永久脱毛を行える場所というのは医療機関のみです。
家庭用のレーザー脱毛器というのは、安全に使用できるように出力が抑えられていますので、クリニックのように永久脱毛効果があるとはいえないのです。

例えば、トリアなどはクリニックと同じダイオードレーザーが使用されています。
使い続けることで、永久脱毛と同じくらいの効果を実感できるといわれています。

脱毛器の効果を高める方法

レーザー脱毛器の効果を高めるポイントをご紹介します。
レーザー脱毛器は、フラッシュ式の脱毛に比べると非常に高い脱毛効果を期待することができます。
家庭用レーザー脱毛器の効果を高めるポイントをご紹介します。

脱毛前にはムダ毛を短く処理しておいてください。
脱毛効果を高めるために照射前にムダ毛処理が必要なのは次のような理由があるからです。

やけどを防ぎながら高出力で照射できると同時に、毛根までの距離が短くなって脱毛効果が高まります。
レーザー脱毛は、ムダ毛のメラニン色素に光が反応して毛根を破壊しています。

やけどを防ぐと同時に毛根に熱を伝えやすくなるのでムダ毛処理が効率よくなります。
ムダ毛は前日までに必ず電動シェーバーで処理しておいてください。

冷却と保湿が重要

冷却と保湿を欠かさず行って、高出力で照射すると脱毛が効率よくなります。
脱毛の痛みは、光が発している熱によるものです。
痛みを感じていなければ、高出力で照射できますので、脱毛効果を実感できます。

冷却のポイントですが、照射前後は1箇所あたり10秒ずつ冷却します。
また、肌内部の水分は、レーザーの光を発している熱を吸収する、という働きをしています。
さらに、潤ったお肌というのは、新陳代謝が活発になりますので、ムダ毛の生え変わりが促進され、脱毛光かが飛躍的にアップします。

また、3回から5回以上は継続して脱毛しましょう。
1回の照射で脱毛できるものは成長期のムダ毛のみです。
成長期のムダ毛は全体の20%程度ですので、クリニックにおいても5回以上は施術が必要です。

また、3ヶ月間は2週間に1度脱毛をしましょう。
5回以上は脱毛を継続するだけです。
家庭用のレーザー脱毛器というのは、クリニックに比較すると出力が低いので頻繁に照射できます。
最初の3ヶ月間は2週間に1度のペースで照射してつるつるの状態を目指すようにしましょう。

このように、家庭用のレーザー脱毛器を選択する時には、脱毛光かが高いものを選び、なおかつ冷却と保湿を徹底することでより高い脱毛効果が得られるのです。

コメント