家庭用脱毛器の使い方の基本

家庭用脱毛器には色々なタイプのものがあります。
種類は違うものの、基本的には使い方は同じです。

この家庭用脱毛器を使用する方法として、まずは毛を剃ります。
次に、脱毛器のパワーを調節していきます。
これが下準備になります。

そしていよいよ脱毛を行います。
肌を照射する直前には冷却してください。

脱毛の光を照射すると照射後にも冷却していきます。
これが最も基本的なアフターケアになります。

もう一度肌全体をクールダウンして、化粧水などで保湿ケアします。

脱毛前の処理

カミソリなら前日までに剃っておくようにしましょう。
カミソリで毛を剃ると肌がダメージを受けることになります。
脱毛の光も肌にダメージを与えてしまいますので、2つのダメージが重なると肌荒れ、乾燥といったトラブルを引き起こしてしまいます。

カミソリで剃る場合にはできるだけ前日までには剃っておいて、脱毛直前に剃るのは避けた方が良いです。
前日が無理なのであれば、3日前までであれば問題ありません。

カミソリを使用するよりは、電気シェーバーの方がおすすめです。
直前に剃る場合は、皮膚にできるだけ負担をかけない電気シェーバー、もしくはトリマーがおすすめです。

どうして毛を剃るの?

毛を剃る理由についてご説明します。
パワーを弱めてしまわないようにするためです。
というのも、毛が伸びてしまっていると、脱毛のパワーを弱めてしまうのです。

脱毛は、毛穴の奥にある毛乳頭に対してダメージを与えて弱らせています。
そうすることで、毛が生える力を失わせるというのが狙いです。

毛が長いと、毛の伸びている部分に脱毛の光を照射することになり、本当に光が届いてほしいところに光が届かずにパワーがムダに消費されてしまうのです。

また、肌ダメージの防止緩和するという目的もあります。
脱毛器の照射口をお肌にあてると伸びている毛が照射光、そしてお肌の間に挟まってしまい毛が寝ている状態になります。

そうなると、光を照射したときにこの寝ている毛があつ熱し、お肌にダメージを与えてしまうのです。
ヤケドするほどではないものの、お肌に必要以上のダメージは与えたくないと思います。

パワーの調節は?

家庭用脱毛器は光の出力が調節できるようになっています。
光を照射すると、痛み、熱さを感じるのですが、照射レベルを高くすると痛みは増加して、脱毛効果も高くなります。

軽い痛みを感じる程度で無理なく続けられるレベルで脱毛をするというのが理想的です。

コメント