脱毛サロンと脱毛器

ケノンってどんな脱毛器なの?

女性にとってムダ毛の処理というのはとても面倒なものです。
お風呂に入った時にはカミソリで処理したり、誰も居ないときに電気シェーバーを使用してムダ毛を処理したりするのですが、頻度としては3日に1回、1週間に1度というペースで処理します。

ムダ毛を処理する期間が長くなり腕、脚を触るとどうしてもチクチクしてしまいます。
男性からすると、ムダ毛処理していないのはいやだと思われます。

あれ?剃ってないね、とかチクチクするよ?なんて言われてしまうとショックだと思います。そのような理由から脱毛をするという人も多いです。
脱毛エステと脱毛クリニックカウンセリングを受けて、結果的に家庭用脱毛器を使用した、という方も多いのです。

比較してみるとどう?

全身脱毛で料金を比較してみるとかなり高額で、通うことも考えてみたものの、結局費用がかなり高額になってしまい、時間もかかる…

脱毛のことを調べていたら、店舗に行って脱毛をするだけでなく家庭用脱毛器を使用すると自宅でも脱毛できるということがわかります。

では、光脱毛とレーザー脱毛というのはどのような違いがあるのでしょうか。

脱毛クリニックというのは、使われている脱毛器は、医療用レーザー脱毛器です。
出力がとても高く毛根を破壊することができて脱毛効果が非常に高いですので照射回数が少ないのが非常に大きなメリットになります。

脱毛したい部位をなぞるように動かすだけで良いですので、脱毛する面積が仮に広くても比較的早く終わります。

脱毛エステで使われている脱毛器は、充電する時間があります。
1度照射するとパワーがたまるまでには少しだけ時間をあけて照射しますので、脱毛したい部位が広ければ時間がかってしまいます。

痛みが少ないのは出力が弱いからです。
出力が弱くても毛根細胞にダメージを与えながら脱毛効果が得られるのが脱毛エステなのです。

医療脱毛を行うクリニックのメリット

医療脱毛を行なうクリニックには医師が常駐しているので、肌が赤くなったり、軽い火傷をしてしまった時にも安心です。
なぜ、脱毛器で肌トラブルが起きてしまうのかといえば、脱毛器の仕組みを知ればわかります。

脱毛器は、照射部位から光が放出されて光がメラニン色素に反応して熱反応が起こるのです。
毛根にダメージを与えることでムダ毛が抜けていきます。
出力を強くすることによって熱反応も強くなりますのでムダ毛周辺の組織に対して影響を与えてしまい、お肌が赤くなることがあるのです。

肌にダメージが出たとき、医師がいればすぐに診察してもらうことができます。
的確な処置もしてもらえますのでアフターケアも安心です。

サロンやクリニックの脱毛は、料金コースだけで比べると医療脱毛が高額に感じるのですが、通う回数によっては追加で費用を支払いますので照射の回数の合計でしっかりと考えなければなりません。

脱毛するのに脱毛エステは10回から15回は通わなければなりません。
医療脱毛でも5回から6回は通わなければなりません。

通う回数を考えて、安く抑えられたほうが良い、という人も多いと思いますが、脱毛する箇所は一箇所では終わらないと思っていて良いでしょう。
ムダ毛処理を始めたとき、すね毛を剃ってつるつるになったお肌が嬉しくて太ももや腕、指の毛を剃ったりしてつるつるにしたことがあると思います。

脱毛も同じで一箇所脱毛をしてつるつるを味わうと他の箇所もつるつるにしたいと思うものです。

脱毛器による種類

脱毛器の出力ですが、家庭用脱毛器、脱毛エステの出力にはどのような違いがあるのでしょうか。
脱毛機の出力とは光の強さのことを言います。
家庭用脱毛器ケノンをはじめ、家庭用脱毛器というのは、サロンやクリニックで使用されている脱毛器に比べるとどうしても出力は小さくなります。

全身脱毛を考えているなら、出力はクリニックやサロンに比べると低いものの、家庭用脱毛器ケノンがおすすめです。
脱毛エステは全身4回分の脱毛になりますので、脱毛効果を実感するためには2回から3回購入しなければなりません。
医療脱毛よりも高額になってしまうのです。

医療脱毛は脱毛目安の6回分になっているのですが、40万円前後の費用がかかりますので、やはり考えてしまいますよね。
しかし、完全に毛のないお肌にするのであれば、脱毛クリニックで脱毛を受けたほうが確実です。

お肌へのダメージは?

脱毛するときに起こるリスクとしては、やはりお肌への影響です。
脱毛するには、毛根を破壊する、もしくは毛根細胞に対してダメージを与えますので、お肌に赤みが出てしまうことがあります。

医療脱毛は前述したように医師が常駐しているため、万が一皮膚に異常があれば適切に対応してもらえます。
アフターフォローもしっかりとしてくれる体制が整っています。

脱毛エステは初回のカウンセラーで注意事項の確認等があり、お肌に異常が出た時には病院で診てもらうことになります。

脱毛器ケノンの場合には、自分で照射レベルを調整しますので、お肌にトラブルが発生したとしても自己責任と割り切らなければなりません。
正しい使い方をしっかりと押さえておく必要があるのです。

脱毛器の持つ特徴は?それぞれチェック

レーザー脱毛器、光脱毛器、サーミコン脱毛器にはどのような特徴があるのでしょうか。
それぞれの脱毛器の特徴をチェックしてみてください。
痛みが少ないものが良いのか、処理が短時間で終わるものが良いのかで選択するようにしてみてください。

レーザー脱毛器の仕組み

レーザー脱毛器は、レーザーを毛のメラニン色素に照射することで、毛根にダメージを与えていきます。

光脱毛器は、毛のメラニン色素に照射して、毛根にダメージを与えるレーザーとほとんど同じですが、出力が低いのが特徴です。
サーミコンは毛を焼いて切りますので、正確には脱毛ではなく除毛になります。

痛みについてですがレーザーは痛みがとても強いです。
骨に近い部分の脱毛にはかなり強い痛みを感じるといわれています。
デリケートゾーン、脇は非常に強い痛みが出ます。

光は、レーザー脱毛器よりは痛みが少なめです。
サーミコンは毛を焼き切りますので、厚さは感じるものの痛みはありません。

脱毛にはどのくらいの時間がかかるの?

1回の脱毛にかかる時間ですが、レーザーの場合には1回のレーザー照射面積が狭いです。
そのため、照射回数は多くなりますし、時間がかかってしまいます。

光は1回に光照射面積が広いですので照射回数は少なくすばやく処理できます。

サーミコンはシェーバーと同じように処理しますので、素早い脱毛が可能になります。
この他にも、あまり出回ってはいないものの、バルジ式脱毛器、さらには超音波脱毛器などもあります。

家庭用脱毛器の効果を高めたいなら

家庭用で人気の脱毛器で本当に脱毛できるのか不安に思われる方も多いと思います。
もちろん脱毛器の種類によって脱毛効果には違いがあります。

家庭用脱毛器はクリニック、サロンにおいて使用するマシンよりもパワーが弱くて、脱毛効果も弱くなります。
ただ、予約をする必要はありませんし、自分のペースで脱毛できますので、多少のパワー不足はカバーできると思います。

脱毛器にも得意なムダ毛、不得意なムダ毛があります。
早いペースで処理でき、脱毛サロンにも負けないくらいの脱毛効果が期待できるのがトリア、ケノンといったものです。

トリアは太い毛に対して高い効果を発揮します。
産毛、色の薄い毛には効果を実感しにくいです。

ケノンは光を照射するもので、太い毛、産毛にもある程度の効果を期待できます。
サーミコンは毛を焼き切るだけで毛根に対してはダメージを与えないので脱毛効果自体はありません。

サロンと家庭用脱毛器を比較してみる

脱毛を始めるときに色々調べてみると、いくつもの疑問が出てくると思います。
では、実際にエステサロン、家庭用脱毛器とで脱毛をする場合には、どんな違いがあるものなのでしょうか。

サロンと家庭用脱毛器の違い

まず脱毛の効果、期間には大きな違いがあります。
脱毛の効果や期間によって徹底的に比較をしてみましょう。

脱毛サロンは効果が高いものの、期間自体は短くなります。
脱毛サロンは効果が非常に高く、脱毛期間は短いのでとてもおすすめです。

脱毛サロンの脱毛器は家庭用脱毛器に比べてパワーの強力な機械を使用していますので、脱毛効果が高いです。
脱毛の期間は家庭用脱毛器に比べて3分の2ほどの期間と回数で済みます。
脱毛を少しでも早く終わらせたいという方にぴったりです。

また、脱毛サロンの脱毛器というのは脱毛器自体の冷却機能が非常に優れていますので、脱毛器をすばやく冷やして、連射できます。
脱毛の間隔が短いので脱毛時間が短くてすみます。

脱毛サロンは非常に効果が高く、脱毛期間も短くて済みます。

時間と日数が必要

脱毛器はある程度の期間が必要になります。
脱毛器での脱毛完了までには長い時間がかかります。

家庭用脱毛器は非常に安全な設計によって作られていますので、脱毛の出力が弱いです。
エステサロンと同じフラッシュ脱毛なのですが、出力はかなり抑えられていますので、脱毛の効果は感じにくく、時間もかかってしまいます。

全身脱毛をしようと思った場合には最低でも3年以上はかかってしまうと思って良いでしょう。
他の部位の脱毛をする場合にも、脱毛効果が出るまでには半年、そしてそこから完了するまでには2年はかかってしまいますので、自分でコツコツ脱毛できる人にはむいています。

脱毛器は出力が弱いですので、ある程度の時間がかかるということは覚悟しておく必要があります。

脱毛の手軽さは?

脱毛サロンによっては、脱毛をしたいために予約したいと思っていてもなかなか予約が取れないこともあります。
脱毛をしたいと思っていてもなかなか脱毛できずに、いつまでも脱毛できないとなると大変です。

脱毛がしたいのに予約が取れないというのはかなりのストレスになりますし、だからといって店舗を変えるとなっても手数料を取られてしまいます。

また、脱毛サロンが近くにあればまだしも、遠い場合には通うのが面倒になってしまうことには違いありませんし、仕事で毎日帰宅時間が遅い場合にはエステサロンに通うのも大変な負担になってしまいます。